2016年01月18日

リーダーに必要なコーチング「8つのスキル」

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


昨年あるサイトで、出来る店長と若い店長の会話と言う形での「コーチング」の紹介内容があり、それが非常に分かり易く、しかもインパクトがありました。
〔ご参照:http://www.peopleandplace.jp/e407376.html 〕

こちらでは、タイトルは9つのスキルと書いてありましたが、実際にすべてを読むと12のスキルについて説明していました。

この内容をかなり参考にしながらも、現在研修でリーダーとして必要な「コーチング」のスキルとして、私自身のこれまでの経験も合わせて以下のように、「8つのスキル」にまとめました。

1.『観る/観察する』
2.『聴く/傾聴する』
3.『認める/承認する』
4.『問う/質問する』
5.『ほめる/称賛する』
6.『映す/フィードバック』
7.『伝える/提案・要望・指示する』
8.『ふり返りを促す/促進する』

上記の6、7、8、は正直この表現でいいのか、まだ検討中です。

さて、リーダーの8つのスキルで最初になぜ『観る/観察する』が来るのでしょうか?この「問いかけ(質問)」の答えは次号から一緒に考えていきたいと思っています。 



読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
posted by igajin at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教える、学ぶ、支援する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

ストレスチェックの活用による組織の活性化

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

平成27年12月1日より、50名以上の事業所においては「ストレスチェックの実施」が義務付けられたことはご存知かと思います。

このストレスチェックに対応するサービスを様々な企業、機関が提供しております。

私どもの会社(潟Cンタフェース、札幌市中央区)では、その中で適性検査や組織診断等の人材開発編集事業部を持つダイヤモンド社(大手ビジネス出版社)のサービスを北海道に企業、組織に提供しております。

ストレスチェック制度を活用する本来の目的は、以下の3つです。

1.個人にストレスについての気づきを促す。
2.セルフケアを高める(個人のストレス対処能力の向上を図る)。
3.職場環境(人間関係、仕事の状況、物理的環境等)の改善向上を図る。

その結果として、メンタルヘルス対策の1次予防〜メンタルヘルス不調者を出さない職場環境づくりを進めることです。

※1次予防とは、発症予防。2次予防とは、早期発見・治療。3次予防とは、再発・再燃予防

D−WATは、厚生労働省推奨の標準57項目に加えて、「個人のストレスに対する捉え方・感じ方」90項目、職場分析の詳細を把握する23項目、を加えて個人と職場のメンタルヘルスの改善につなげていきます。

◆D−WATサービスの特長

1.従業員のストレス状況を総合的に診断できます。
 ➀個人の気づきを促す個人結果プロフィール・ストレス対処
   プロフィール
 A心の健康診断を実現する「5年間経年変化比較サービス」
 ➂自己開発につながるフィードバック・セルフケアコンテン
   ツの提供

2.職場の環境改善につながる詳細な集団分析を提供
 「集団分析活用ハンドブック」で職場・組織風土の改善を
   図れます。

3.運用・管理上の手間をシステムで効率化できます。
  煩雑な事務作業をD−WATのシステムで一元管理が可能。

ご案内の資料・パンフレットご希望の方は、遠慮なくお問い合わせください。
(下記サイト問合せページ又はメールアドレス宛)
http://interface-h.co.jp/cgi-bin/acform/access.html
又は
info*interface-h.co.jp(*を@と置き換えて送信下さい)



読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

2016年01月06日

「一年一計」そして「十年一計」のスタート

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


2016(平成28)年も6日目になりました。
今年の私の言葉は『一日一計』です。

「一年の計は、元旦にあり」で皆さん(私もそうです)、年頭に今年の目標を掲げますが、どうでしょうか、どれ位達成できているでしょうか?

私もマネジメント研修トレーナーとして、経営や仕事の目標達成の支援をしている身として、目標達成は必須とはいえ常に100%ではないとふり返っております。

実際には、常に一歩でも二歩でも前進していること向上していることが大切なのです。
目標においてもそれが現出来ないと死んでしまう、様なものでない限り、前進し向上するための手段(指標)です。

さて、少し話を広げてしまいましたが、最初に戻って『一日一計』は、一年の初めだからと力を入れるのではなく、日々(一日一日)を計する(目標を意識し実行する計画を明確にして、一日を生きる)ことです。

一年365計で、一年の目標は実現するのです。

私の仕事「人材育成と組織マネジメントの支援」での、今年の目標は『相談力』の効果的な研修プログラムの作成と実施で、クラインアント企業においてその成果を上げることです。

この『相談力』とは(今日現在の考え方)、
社会(組織)において、自立人間同士が知恵を出し合って
より大きな仕事を成し遂げようとするシナジー(相乗効果)
である「相談」、分かり易くいうと「二人以上でよりよい問題解決」
を効果的の行う力のことである。

『相談力』は以下の3つの力からなる

「相談力」=@コミュニケーション力✕A解決力✕B人間力

➀「コミュニケーション力」の要素 
 ・傾聴力 ・質問力 ・伝える力(フィードバック力) 等
➁「解決力」の要素 
 ・目標(解決ゴール)設定力 ・リソース発見力 
 ・提案力(知識・経験×相手又は案件への対応・適合) 等
➂「人間力」の要素 
 ・人の可能性を信じる ・自他尊重 ・多角的思考 等

上記から分かるように、私の仕事柄組織のマネジメントのおける『相談力』といってもよい。

しかし、現実の組織では、その自立人間になる発展途上(自立人間といっても程度の差こそあれ皆発展途上人だが)で依存的人材、つまり新人やメンタル面でモンダを抱えている状態の人もいる。

その面では、広い意味では依存的人間が自立人間になる支援も相談には含まれる。
つまり悩み相談、メンタルな相談である。
しかし、この場合には専門的な素養・知識も必要である。

このような要素も含みながら、社会や組織における『相談力』の基本テキストや研修プログラムの開発、そしてその活用システムを構築していきたい。

その目指す範囲でいえば今年一年の計(目標・計画)ではなく、今年はそのスタートにすぎないかもしれない。

そういう意味で、少なくとも10年の計といえる。
年賀状やもう一つのブログ、そしてfacebook等で発信したので、まさに「一日一計」で進めて行きたい。



読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
posted by igajin at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 教える、学ぶ、支援する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村