2019年11月18日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No.107

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.107自分の頭の使い方I
『7つの思考習慣の実践・活用ポイント(下)〜5と6』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

今回のテーマは、前回から引き続き「自分の頭の使い方(7項目)」の5・6項目の実践・活用ポイントについて考えます。


メルマガNo.98〜No.104でお伝えした7つの思考判断の習慣はいいかえると「誤りのない思考を進める技術」です。

その7つの技術は以下。
1.いつも中心点を掴む【中心思考】
2.全体の構造を捉える【骨組み思考】
3.常に両面から考える【両面思考】
4.立場、希望の違いを読む【多角度思考】
5.確定的要素から出発する【確定思考】
6.具体的な行動や明確なイメージを掴む【具体思考】

7.自分自身を他人のごとく見つめなおす【メタ思考】


5.確定的要素から出発する【確定思考】の具体的ヒントは以下の5つ

@推測と事実を明確に区別しているか
*聞いた話や考える材料、人に伝えるときの中身について、必ずその情報源と伝達ルートの確認をし、噂話や推測と事実を混同しない。

A不確実なものに対しては自分で調べたり、確認すること努力を払うこと
*日本語ですら言葉の意味が曖昧になっている。不明なことは辞書で確認したり、複数の情報源で確かさを調べる。

B専門家の意見や新聞・TVやネットのニュース・論説を鵜呑みにしない。
*必ず、根拠や理由を確認する。特にニュースは、事実と意見(主張)とを分けて把握する。

C数字(情報統計データ、調査結果、等)を即、信用してはいけない。
*統計の取り方や調査の仕方、データの出所の立場・意図も確認する。関連する複数のデータを比べる。

D印象や断片的な体験情報で物事を判断しない。
*叱られたとき、いやなことだけで全てマイナス(否定的)に捉えない。


6.具体的な行動や明確なイメージを掴む【具体思考】の実践ヒントは以下の5つ

@抽象的な論理や言葉の説明を聞いたり、読んだりしただけで分かった気にならない
*どう使うのか、活用するのか、既に知っていることとどうつながるのかまで考える。

A理解したことを使ってみる、口に出す
*人に説明できたり、教えられたら理解度は進む

B具体的な事例や活用例で理解する、説明する
*言葉や考え方、理論の中身を実際例で把握して考える。

Cモノや場所等であれば、実際に手に取ってみる、使ってみる、行ってみる
*現場、現地、現物主義で体験的に理解する。

D問題解決や業務遂行では、具体的な行動内容まで考える
*スモールステップ(解決や前進のためにすぐできる小さな行動)を決める。


今回もどれか一つでも、ピンときたら徹底して実践してその結果を振り返ってみて下さい。


お時間があるときに、本メルマガの感想・コメント、実践報告、何でも結構です。
メールをお待ちしております(igaj*interface-h.co.jp 宛て、*を@にして送信下さい)。


それでは、また次回。




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

2019年11月13日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No.106

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.106自分の頭の使い方H
『7つの思考習慣の実践・活用ポイント(中)〜3と4』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

今回のテーマは、前回から引き続き「自分の頭の使い方(7項目)」の3・4項目の実践・活用ポイントについて考えます。


メルマガNo.98〜No.104でお伝えした7つの思考判断の習慣はいいかえると「誤りのない思考を進める技術」です。

その7つの技術は以下。
1.いつも中心点を掴む【中心思考】
2.全体の構造を捉える【骨組み思考】
3.常に両面から考える【両面思考】
4.立場、希望の違いを読む【多角度思考】

5.確定的要素から出発する【確定思考】
6.具体的な行動や明確なイメージを掴む【具体思考】
7.自分自身を他人のごとく見つめなおす【メタ思考】

3.常に両面から考える【両面思考】の具体的ヒントは以下の5つ

@プラス面を見たら、マイナス面も見る
*プラス面とはメリット、長所、成功等。マイナス面はデメリット、短所、失敗等。

A両面を見て、どちらが主流(普遍的、広まっている、多数派)かを見極める

Bものごとを把握するとき、対比してセットで考える
*目立つ面と目立たない面、分かっていることと分かっていないこと、見えている面と見えていない面、変わっている面と変わっていない面、短期と長期、等

C部分にとらわれず、全体もみる
*一部の悪い面が目立ち、良い面を忘れて、全面的に悪いと思い込んでいないか
*印象で物事の全体がそう出ると判断していないか

D悪条件も立場や見方を変えて好条件として利用できるか考える
*転んでもただでは起きない、ピンチがチャンス


4.立場、希望の違いを読む【多角度思考】の具体的ヒントは以下の5つ

@反対の立場の人、中立の立場の人、賛成の立場の人それぞれの意見を聞く
*同質のグループ、仲間内の意見だけでものごとを判断するのは、非常に危険

A発言者(主張者)の立場、利益、背景を知ったうえで分析、検討する
*発言者の意見を鵜呑みにしない

B自分自身の立場も客観的に点検し、物の見方や考え方をよく見直してみる
*人は自分の事が一番見えない。人にはそれぞれ癖や思い込みがある。

Cある事柄に対しての複数の関係者の立場を挙げて、それぞれの立場の本音・希望を明らかにする

D人の本音、希望を知るには言葉だけを信用するのではなく、態度・行動をよく見る
 

今回もどれか一つでも、意識して徹底して実践してその結果を振り返ってみて下さい。



お時間があるときに、本メルマガの感想・コメント、実践報告、何でも結構です。
メールをお待ちしております(igaj*interface-h.co.jp 宛て、*を@にして送信下さい)。


それでは、また次回。




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

2019年11月07日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No.105

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.105自分の頭の使い方G
『7つの思考習慣の実践・活用ポイント(上)〜1と2』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。
今回のテーマは、これまでの7回でお伝えした「自分の頭の使い方(7項目)」の実践・活用ポイントについて考えます。

さて、これまでの「自分の頭の使い方(7項目)」の各項目(No.98〜No.104)は読んでいただけましたでしょうか?

また、No.101と前号のNo.104に添付した「思考判断力向上7つの指針の自己チェック」シートは、自己チェックしていただけましたか?

上記の2つをしていただいた方は準備万端ですね。
自己チェックは未だだけれど、一通り目を通しているよ、でもまずは十分です。

今回は特別に、直近のメルマガ7号分を読んでない人にも役立つように、お伝えしてまいります。

No.98〜No.104でお伝えしたよりよく自分の頭を使うための7つの思考判断の習慣はいいかえると「誤りのない思考を進める技術」です。

その7つの技術とは、
1.いつも中心点を掴む【中心思考】
2.全体の構造を捉える【骨組み思考】

3.常に両面から考える【両面思考】
4.立場、希望の違いを読む【多角度思考】
5.確定的要素から出発する【確定思考】
6.具体的な行動や明確なイメージを掴む【具体思考】
7.自分自身を他人のごとく見つめなおす【メタ思考】


1と2を合わせると「中心・骨組みで考える」こととなります。
具体的なヒントは以下です。
@複雑なものごとを単純化してみる努力をする(幹根っこを見て枝葉を払う)

Aものごとの要点(ポイント)を掴む。例えば、3つに分ける、3つにまとめる。

B全体の関係を掴んでから中心を明確にする

C違うものの観察の中から共通事項を発見する。共通事項が多くの場合、基本的、中心的事項になる。

D仕事の目的・目標「を明確にする。「何のために」「最終的にどうなっていればいいのか」を書き出す。確認する。

 
自分の本来の目的がハッキリしているか、相手の行動の目的・狙いが何かを捉えているか?意識して自分に問いかけ、常に考えてみよう!

今回もどれか一つでも、意識して徹底して実践してその結果を振り返ってみて下さい。


お時間があるときに、本メルマガの感想・コメント、実践報告、何でも結構です。
メールをお待ちしております(igaj*interface-h.co.jp 宛て、*を@にして送信下さい)。


それでは、また来週。



【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村