2020年12月24日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No177【インプットしたことを本当に役立たせるために、その4:『アウトプット』してみる】

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その4:『アウトプット』してみる】
____________________________

おはようございます。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。


令和2年の本メルマガの振り返りの第4号【最終号】です。

お忙しい時期と思いますが、お時間のできた時、関心のあるテーマについてご覧下さい。
添付で今年一年のテーマとURL一覧表をお送りいたします。

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その4:『アウトプット』してみる】
「学びを活かす、分かち合う」がコンセプトの本メルマガとして、学んだことを“活かす”ためのお勧めその4は、インプットしたことを『アウトプット』してみる、です。

インプットした内容やその方法、ヒントを具体的な実行に移して、振り返りことは前号でお伝えした『アクション・ラーニング』してみる、でした。

今回の『アウトプット』してみるというのは、インプットした自分が理解したこと自分の経験と結びつけ、自分なりの意味付け・解釈をして、自分の言葉として他者に伝える(話す、書く、教える、等)ことです。

自分が人にも伝えたいと思ったテーマやピンときたヒントを『アウトプット』してみて下さい。

以下は、今年のNo158(8月24日号)〜No173(12月7日号)迄、『職場・仕事の報連相』シリーズの一覧です。

関心のあるテーマタイトルを探してみてください。

No158 8月24日『報連相で大事なことその1〜情報の共有化“3つの通じる”』

No159 8月31日『報連相で大事なことその2〜コミュニケーションの“3つの視点”』

No160 9月7日 『「報告」「連絡」「相談」とは何か?』

No161 9月14日
『あなたは報告される人ですか?「報告を受けるスキル」』

No162 9月23日『指示は職場の仕事の出発点その1「効果的な指示の受け方」』

No163 9月28日『指示は職場の仕事の出発点その2「効果的な指示のスキル」』

No164 10月5日
『発信は連絡ではない「連絡は共有化するスキル」』


No165 10月12日『職場で仕事の情報共有化を図る「連絡(情報共有化)の実践スキル」』

No166 10月19日『共有化と合意のスキル1〜「理解・納得・合意・共有化の違いを考える」』

No167 10月26日『共有化と合意のスキル2〜「共有化を深めるスキルと合意を作るスキル」』

No168 11月2日
『人の頭を使おう〜相談活用力1「相談の本質はシナジー」』

No169 11月9日『人の頭を使おう〜相談活用力2「相談するスキルと基本手順」』

No170 11月16日
『相談対応力1:4つのレベルの相談に応える』

No171 11月23日
『相談対応力2:相談を受ける5つのポイント(手順)』

No172 11月30日『相談対応力3:悩み事相談の対応スキル』

No173 12月7日『相談力の高い職場をつくろう:職場の相談力向上の実践ポイント』


このメルマガで何度も出てくる「報連相」です。
言い換えると「職場での情報共有化のための仕組み・行動」「情報によるマネジメント」です。

言葉での理解ではなく、意味目的を掴み、自職場に、自分の仕事に合わせて行動・習慣化していきましょう。

それでは、今年はこれが最終号です。
この一年本メールマガジンをお読みいただき、ありがとうございました。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


2020年12月21日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No176【インプットしたことを本当に役立たせるために、その3:『アクション・ラーニング』してみる】

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その3:『アクション・ラーニング』してみる】
____________________________

おはようございます。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。


令和2年の本メルマガの振り返りの第3号です。

お忙しい時期と思いますが、お時間のできた時、関心のあるテーマについてご覧下さい。
今月の最終号(12月24日・木)には添付で今年一年のテーマとURL一覧表をお送りいたします。


【インプットしたことを本当に役立たせるために、その3:『アクション・ラーニング』してみる】
「学びを活かす、分かち合う」がコンセプトの本メルマガとして、学んだことを“活かす”ためのお勧めその3は、『アクション・ラーニング』してみる、です。

分かり易く日本語で言うと、「行動してみる、そこから学ぶこと」です。
まさに、学びを「知った」「分かった」で終わらせず、「活かす」ことです。

自分に役立ちそうと感じたテーマやピンときたヒントを『とにかく実践してみて、その結果を振り返って学んで』みて下さい。


以下は、今年のNo146(5月18日号)〜No157(8月17日号)迄、『新しい時代(Withコロナ)でも仕事の基本の考え方は変わらない』と『人の環境(世界)の見方、捉え方』についての7つの考え』の2つのシリーズの一覧です。

関心のあるテーマタイトルを探してみてください。

No146 6月1日 『時代・環境の変化の前に、“今”に対応してきていただろうか?』

No147 6月8日
『あなたは、今、何に“関心”を持っていますか?』

No148 6月15日
『あなたの座右の銘(大切な言葉)は何ですか?』

No149 6月23日『あなたが考える“仕事の基本”は何ですか?』

No150 6月29日『人の環境(世界)の見方、捉え方』について私自身が理解している考え方 

No151 7月8日 「人の行動は、【人格】と【社会】そして【文化】の3つの出会いで決まる」
 
No152 7月13日「人は、その人が見ている(感じ取っている)世界の中で生きている」
 
No153 7月20日「自分自身を見たことのある人はいない(人は自分を客観視できない)。」 

No154 7月27日「人は皆それぞれの目的を必ず持って、それによって日々生きている。」 

No155 8月3日 「理解し合うには、お互いがお互いに『関心』を持ち合うことが必要」

No156 8月10日「学ぶ(勉強する)、仕事、職場(会社)の意味は、人によってそれぞれ皆違う。」  

No157 8月17日「人は、どのように世界(環境)を見るか、自分自身をどのように理解するか、そして何を目指すか(目的)によって人生が変わる。」


このシリーズは、仕事の具体的なヒントというよりは、仕事の土台、自分自身のモノの見方、世界の見方、人生の捉え方まで、少しじっくりと考えを深めてみるという内容でした。

読み味わってみて下さい。
急がず、じっくり、ピンとこなければ読み飛ばしていただいても結構です。

それでは、また次号で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




2020年12月17日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No175【インプットしたことを本当に役立たせるために、その2:『自己目的』を持つ】

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その2:『自己目的』を持つ】
____________________________

おあはようございます。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。

今年のメルマガ振り返りの第2号です。

お忙しい時期と思いますが、お時間のできた時、関心のあるテーマについてご覧(再読)下さい。

今月の最終号(12月24日・木)には添付で今年一年のテーマとURL一覧表をお送りいたします。

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その2:『自己目的』を持つ】

皆さんは、この一年、本メルマガを始め、本を読んだり、動画を見たり、セミナーや研修を受講したりしてたくさんの情報をインプット(読む・見る・聴く等の情報認識)された、と思います。

それを仕事に役立てたり、生活、今後の人生に十分に活かしたりしていますか?

「学びを活かす、分かち合う」がコンセプトの本メルマガとして“活かす”ためのお勧めの2つ目は、『自己目的』を持つです。

是非ご『自己目的』を明確にして、そのために本を読む、セミナー・研修から学ぶで行きましょう。
なんとなく読む、受けるでは時間の無駄です。


以下は、今年のNo126(3月31日号)〜No144(4月30日号)迄、『新入社員へ仕事の基本と上司・先輩の指導支援』シリーズの一覧です。関心のあるタイトルを探してみてください。

No126 3月31日号
『職場で最初にすることは何ですか?〜その1「挨拶」』

No127 4月1日号
『職場で最初にすることは何ですか?〜その2「自己紹介」』

No128 4月2日号
『自社の事業についてどれ位理解していますか?』

No129 4月3日号『仕事とは何ですか?』

No130 4月6日号
『職場の「コミュニケーション」で大切なことは何ですか?』

No131 4月7日号
『職場の報連相(報告・連絡・相談)とは何ですか?』

No132 4月8日号
『指示の受け方と報告の仕方、実践ポイント』

No133 4月9日号
『連絡は、職場でいい仕事をするための情報の共有化』

No134 4月10日号
『「相談」で自分を活かし、自分を伸ばす』

No135 4月13日号
『仕事ができる人になるための2つの力+1』

No136 4月14日号
『知って、わかって、できるようになるために必要なことは』

No137 4月15日号 『仕事の学び方その1〜「まず聞こう」』

No138 4月16日号 『仕事の学び方その2〜「読む」』

No139 4月17日号 『仕事の学び方その3〜「見る」』


No140 4月20日号 『仕事の学び方その4〜「やってみる」』

No141 4月22日号
『仕事の学び方その5〜「振り返りをする」』

No142 4月24日号
『自分のことを、自分は知らない〜フィードバックを受ける』

No143 4月28日号 『仕事とは自分で答えを出すこと』


No144 4月30日号『社会人としての学びを始める』



それでは、また次回で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




2020年12月14日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No174【インプットしたことを本当に役立たせるために、その1:『関心事』を絞り込む】

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その1:『関心事』を絞り込む】
____________________________

こんにちは。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。

今日(12月14日・月)から今月(今年)内は、本メルマガの年末特別体制として週2回、月曜と木曜日に配信します。

その配信内容は、令和2年の本メルマガの振り返りということで、56回の配信内容を4回に分けて、各シリーズのエッセンスをお伝えしてまいります。

今号から初めて本メルマガをお読みになる方もいらっしゃいますが、その方も今年一年のメルマガの内容全体を掴むことができます。

お忙しい時期と思いますが、お時間のできた時、関心のあるテーマについてご覧下さい。
今月の最終号(12月24日・木)には添付で今年一年のテーマとURL一覧表をお送りいたします。

【インプットしたことを本当に役立たせるために、その1:『関心事』を絞り込む】

皆さんは、この一年、本メルマガを始め、本を読んだり、動画を見たり、セミナーや研修を受講したりしてたくさんの情報をインプット(読む・見る・聴く等の情報認識)をされていると思います。

その情報を仕事に役立てたり、生活、今後の人生に十分に活かしたりしていますか?

「学びを活かす、分かち合う」がコンセプトの本メルマガとして“活かす”ためのお勧めは、『関心事を絞り込む』です。

そして、その『関心事』が自分にとってどんな意味や価値があるかをハッキリさせることです。

私の今年の関心事の一つは『オンラインの活用』です。

なぜ自分にとって関心事なのかというと、「オンラインを研修に活用して、集合研修以上に成果を出せるようになる。そして、コロナ感染の状況に打ち勝ち、クライアントの役立つ、いい仕事をする!ため」です。

是非ご自身の『関心事』と自分にとっての意味を考えてみてください。


以下は、今年のNo115(1月20日号)〜No125(3月30日号)迄、『相談シリーズ』の一覧です。関心のあるテーマタイトルを探してみてください。

No115 1月20日「相談していますか?相談されていますか?」

No116 1月27日「相談していますか?相談されていますか」の回答はいかがでしたか

No117 2月3日「相談の本質とは何ですか?」

No118 2月10日「組織人の基本の在り方(その1)は、自分で答えを出すこと」

No119 2月16日
「どうしましょうか」相談から「こうしましょうか」相談へ

No120 2月24日『相談した後にする2つのこと』

No121 3月2日
『何のために相談するのか(相談の意図・目的)』

No122 3月9日『「報告・連絡」を「相談」に活かす』

No123 3月16日『相談をする前にする3つの質問(自問自答)』

No124 3月23日
『相談をする時の3つのポイントと7つのスキル』

No125 3月30日
『相談を受ける力:相談対応力の5つのポイント(手順)』


それでは、また次回で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




2020年12月07日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No173『相談力の高い職場をつくろう:職場の相談力向上の実践ポイント』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『相談力の高い職場をつくろう:職場の相談力向上の実践ポイント』
____________________________

こんにちは。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。

前回は『相談対応力3:悩み事相談の対応スキル』についてでした。
今回は『相談力の高い職場をつくろう:職場の相談力向上の実践ポイント』です。

これまで述べてきた個人の相談力、つまり『相談活用力』(主に相談者が相談を活用して、自らの課題解決を進める)『相談対応力』(相談相手が、相談者に適切な支援や解決へ導く力)の両方で職場メンバーがレベルアップすると、職場の相談力が高くなってくると言えます。

しかし、個々人の相談力を高めるためにも、職場で相談がしやすい「関係性」、日常の「報告・連絡」が十分なされていること、それと同時に「相互理解」や「職場目標の共有」ができていること、等が必要です。


先に述べた2回私の上司だった(No168:M氏『人の頭を使おう〜相談活用力1「相談の本質はシナジー」』)には「3つのできないことはない」だけではなく、もう一つ印象深いエピソードがあります。

それは、多数の部下を抱える身であったこともあり、「相談対応力」も十分ありましたが、それ以上に「相談活用力」も高かったのです。

M氏の「相談活用力」とは、自分の分からないことや自分と違う立場の意見を聞きたい人には誰にでも相談して、素直に聞くことです。

例えば、自分のメンバー、つまり部下にも遠慮なく、素直に、知らないことについて「これってどういうこと?」と尋ね、素晴らしい成果を出した人には「へーっ、スゴイね。どうしてそれができたの、教えて?」と言う感じ気軽に聞くのです。

部下に質問、相談できる上司、まさに率先垂範して相談できる職場をつくっていると言えませんか。

以上のように、職場で相談がしやすく、かつその相談が効果的であり、その相談の実践を通して、職場全体の課題解決が進み、さらに結果もよくなる力、それが「職場の相談力」です。

そのために必要な実践ポイント(具体的なあり方・状態や職場のリーダー・メンバーの具体行動)を以下に挙げます。

■職場の相談力の向上の実践ポイント

@毎朝、お互いに元気で明るい挨拶をしている

Aいいことや成果を口に出して認め合い、褒め合っている

B挨拶だけではなく、お互いに関心を持って、常に声を掛け合っている

C協力や支援を受けたりしたら、お互いが「ありがとう」と感謝の言葉を口にしている

D職場での指示、報告や連絡、会議での発言には、お互い耳を傾けて聴いている

E分からないこと不明点は、お互いがすぐに確認、質問している

F職場では、仕事の指示や依頼に対して完了の報告がしっかりとできている

G相談された人が適切に対応できない場合に、他のメンバーが支援や協力をしている

H職場では、お互いの情報共有化の機会・場(打合せ、ミーティング)が設けられている

I相談(報告・連絡)の良くないメンバーにも寛容な態度で接し、支援している

以上10項目は、職場の相談力のチェック項目であり、また具体行動の実践目標(具体策)そのものでもあります。

現状をふり返り、できるところから実践、継続して職場の中で習慣化し、前進させて行きましょう。



それでは、次回またお会いいたしましょう。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村