2021年05月24日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No205:『部下の視点で上司を活用するためになるほどと思った3つのこと』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『部下の視点で上司を活用するためになるほどと思った3つのこと』
____________________________

今回のテーマは、前回お伝えした7冊中の1冊から「部下の視点で上司を活用するためになるほどと思った3つのこと」です。

以下に考えてみれば、当たりまえかもしれないけれど、ヒントになる話を3つ紹介します。

○上司の欠点には目をつぶり、良い所を見よう

上司の心得として「部下の良い部分や強みを見つけて活用すること」があります。
部下の一つの欠点を見つけて、だからダメだと決めつけることは、最もすべきことではないことの一つです。

その人の良い部分を見つけ、良い部分を伸ばし、活用するのです。

そして、部下の心得としても同じように「上司の良い所や強みを見つけて活用すること」です。
上司も(そしてもちろん部下も)欠点もあれば、長所もあり、得意があれば不得意もあります。
完璧な人は誰もいないのですから。


○上司を褒めよう。

優秀な上司は部下のやる気を高めるために、部下がよくやったら「よくやった。感謝するよ」等と部下を褒めます。

それと同じように、「部下も上司を褒める」ことをやってみよう。
上司の成果や成功について一緒に喜び、いい結果を出た時には素直に言葉をかけるのです。
「さすがですね」「よかったですね」「参考にさせていただきます」


○「恵まれない上司に恵まれている」と考えてみよう

著者の体験で、若い頃経営者の方に上司の事で相談に行ったときにかけられた言葉で「君が上司になった時に、ああはなりたくないと思ったことを実行しないようにすればよい。そのために反面教師として、何がダメで、何がおかしいのかをよく観察して、ノートにでもつけておけばよい
と言われたことが書かれていました。

この言葉を逆にすると「こうしてくれて嬉しかった、良かったと思う事があったら、これまたよく観察してノートにつけておくとよい」ということになります。


これは私の研修の最初に問いかける「部下としての経験で優れた上司とそうでない(困った)上司は、その行動・態度や特徴は何が違っていましたか?」を日常の中でその答えを蓄積することです。

さらに、もう一歩進めて「なぜ(部下から見て)そのようか困ったこと、イヤなことをするのだろうか?」の答え迄を考えて書いておく。
その逆の「なぜ(部下から見て)嬉しいこと、良かったと思うことができているのだろうか?」の答えも考えておく。
この良い点については、直接上司に聞いてみるという手もあります。

※以上は、「バカ上司の取扱説明書」古川裕倫著、SB新書、2018年 
第3章 得をするための部下の心得、より


読者の皆さんには、この3つの中で既に実践していることがあるよ、という方もいることでしょう。
また、あまり考えた事もなかったという人もいるでしょう。

3つの中でどれか、何か使えそうと思ったことがあれば、是非試みてください。
そして、これまでの実践の結果や試してみた結果を教えていただけたら嬉しいです。


それでは、また次回で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で一昨年1月末に増刷、昨年1月10日に第三刷、そして今年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




2021年05月17日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No204:『部下の視点からのマネジメントを考える〜「部下力」とは2』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『部下の視点からのマネジメントを考える〜「部下力」とは2』
____________________________


さて前回からのテーマは、『部下の視点からのマネジメント「部下力」』
今回はその「部下力」の捉え方を、このテーマに関する7冊の本を基にして、一緒に考えていきます。

ワンポイントは「部下力の捉え方もいろいろある」

今回のテーマのキッカケとなったのは、今年(2021年)4月に出版された「上司へのすごい伝え方」(斉藤由美子著、秀和システム)

この本は、ソーシャルスタイル理論をベースに、若手社員が上司のタイプ別に伝わるコミュニケーションの取り方を実践的スキル(技術)としてわかりやすく述べています。

そして、もう1冊は前号で紹介した「部下力―上司を動かす力」吉田典生著、祥伝社新書、2005年

プロのコーチが、「コーチング」を部下の立場・視点で活用する方法をまとめた本。
部下側には、「フォロワーシップ」の理論に基づくタイプ分けで解説し、上司については、DiSC理論に基づく行動スタイルで上司をタイプ分けして、そのタイプ別の対応策を述べている。

今回のテーマは、私自身も学び直そうと思い、Amazomで「部下力」、「上司への伝え方」、「上司のトリセツ」等のキーワードで、検索したらかなりの数の本があげられてきました。

現在、最初に挙げた2冊も含め延べ7冊を手許に置いて目を通しています。
読了したのは4冊、後はまだ斜め読みです。

それぞれテーマの焦点も違い、視点も異なり、著者の専門分野や経験も多様なので、非常に興味深く読み深めています。

この7冊に限って言えば、主なテーマは、大きく3つに分けられます。

1つは、「コミュニケーション」、「人間関係」に焦点を当てて、上司への対応スキルを具体的に述べている本(最初の2冊、そしてもう1冊は、上司への話し方・伝え方と上司の話し方のマネジメントの本)。

2つは、部下の視点で「上司を最大限に活用する術」、「上司視点で自分自身のマネジメント(仕事の進め方)を高める」の本(7冊中3冊)。
こちらは、「どんな上司もうまく活用して、自分自身のマネジメント力を向上させる」ための本。

3つは、上司の怒りに焦点を当て、「アンガーマネジメント」の方法論に加えて心理療法、コーチング、エゴグラム等の周りの人の「怒り」への具体的な対処法を述べている本(1冊)。職場・仕事やそれ以外でも幅広く人間関係づくりに役立ちます。

そして、共通点が一つ。
それは、部下向けであり、部下視点で書いてあるのですが、どの本も上司自身が読んでも非常に役立つ本と言えることです。

もちろん部下が上司に向けるあの手、この手に対処するためということではありません。
部下の視点に立ち(実際、現在も上司がいれば部下なのですから)、自分自身の振り返りと上司としてのコミュニケーションやリーダーシップの向上についてたくさんのヒントがあるからです。

そういう点では、全て上司の人(部下や職場の人間関係)に関するマネジメントの参考書と言えます。

そして、私が管理監督者対象のマネジメント研修の多くで、導入時に行う実習での問いかけ「部下としての経験で優れた上司とそうでない(困った)上司は、その行動・態度や特徴は何が違っていましたか?」の答えを思いだしました。

さらに思い浮かんだのは、研修でのこの問いかけの実習を行って、その研修の最後に受講生からよく出てくる2つの感想。

一つは「部下の視点では、上司(管理者)もそう思っているはずなのに、なぜ優れた上司になれないのだろうか?」

そして、もう一つは「(部下視点で)優れた上司、困った上司の特徴はよくわかったのだけれど、自分が優れた上司に必ずなれるとは思えない。」


この2つを今回のテーマの中で一緒に考えていきたいと思います。

次回以降は、7冊の本から私自身がなるほどと思ったり、皆さんの参考になる、ヒントをお届けしたいと思います。





それでは、また次号で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で一昨年1月末に増刷、昨年1月10日に第三刷、そして今年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


2021年05月10日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No203:『部下の視点からのマネジメントを考える〜「部下力」とは』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『部下の視点からのマネジメントを考える〜「部下力」とは』
____________________________

今回からのテーマは、私が日頃よく担当している研修を反対側から眺めたらです。
“エッ!それはどういうこと?何のことだかよく分からない”、そうですよね。

私が実施している研修の対象者の約60%が管理監督者、いわゆるマネジメント研修。
テーマ別の研修でも参加者が管理者・リーダークラス迄入れると70%が管理監督者研修となります。
新入社員(導入時、フォローアップ)、一般職研修は、3割弱。

ということで、管理監督者の研修を「上司学」(管理者が部下を活用するために学ぶこと)とすれば、その反対側、管理監督者の部下、リーダーの下のメンバーが、いかに上司やリーダーといい関係をつくり、ひいては上司・リーダーをうまく活用していい仕事をするかは、いうならば、「部下学」(部下が上司、先輩をうまく活用するために学ぶこと)です。


私が独立してまもなくの頃、コーチング研修でお世話になった方が、今から16年前に「部下力―上司を動かす力」という本を著しています。
まさに今回のテーマそのものの本です。

そこでは「部下力」とは何かについて、以下のように述べています(4つある中の3項目)。

“「部下力」とは、リーダー(上司)の指導力を引き出し、リーダーの舵取りを支える力である。そして、卓越したリーダーシップの陰に必ず存在する現場の力である。”
“「部下力」とは、組織における役割や肩書に関係なく、自律的な意識をもって行動する、プロフェッショナルな職業人の力である。”
“「部下力」とは、自らが所属する組織やそれを支えているリーダーに対し、誠実な貢献と建設的な批判を使い分けながら歩む、無名の主役たちの偉大な力である。”

【「部下力―上司を動かす力」吉田典生著、祥伝社新書、2005年】


考えてみれば(考えなくなくても)、管理監督者と言っても会社で言えば社長、自治体で言えば首長、等、組織の経営トップ以外は皆上司がいるわけです。

となると「部下学」や「部下力」は、トップ以外のほぼ全員といっていい組織で働く人にとって必要なマネジメント力とも言えます。

私の研修では、マネジメントとは「組織の使命(又は目的)を果たすために組織の持つ、また自らが使えるあらゆるリソース(経営資源)を最大限に活用すること」と意味づけています。

その意味からは、マネジメントは組織の経営管理者になだけ必要なのではなく、組織人全てに必要な機能であり、力なのです。

組織の使命(目的)を果たすために新入社員・職員から経営トップに至るまで、各々が自己の仕事の課題達成のために使うことのできるリソースを見出し、そのリソースを最大限に活かすことなのです。

上司にとっては部下が、部下にとっては上司が、そのお互いが非常に有力なリソ−スとなるわけです。

以上のように考えると、今号からのテーマは、本メルマガ読者である、若手社員・一般社員から管理監督者、リーダー職迄のすべての人に役立つ内容です。

「部下の視点から、組織でいい仕事をするための“マネジメント力”を考える(=部下学、部下力)」について、是非読者の皆さんが部下視点で、思うことのコメントや部下力を発揮した具体的経験、質問・要望等何でも結構です、是非お寄せください。


これから暫く、読者の皆さまと共にこの「部下学(力)」考え、学び、分かち合っていい仕事に活かしていきたいと思います。

それでは、また次号で。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で一昨年1月末に増刷、昨年1月10日に第三刷、そして今年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村