2017年08月11日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント】No2

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント】No2
==================================================
本メールマガジンは、私どもの研修・講座・セミナー受講者の方へ「いい仕事をするためのヒント」を提供し、研修での学びを実践へ結びつけ、いい仕事、いい職場づくりに役立つことを目指します〔株式会社インタフェース〕。
==================================================
今号の目次
1)前回の【ヒント】あなたの「いい仕事」は、ハッキリしましたか?
2)【今日のヒント】「ふり返り」していますか?
3)【実践のヒント】ふり返りの実践法(質問とタイミング)
____________________________


1)今日の【ヒント】 あなたの「いい仕事」は、ハッキリしましたか?

前回のメルマガで、あなた自身のいい仕事について、3つの質問を記しました。
@あなたの仕事は誰の役に立っていますか?

➁あなたの仕事は何で役立っているのですか?

Bあなたは仕事で役立つためにどのような能力を発揮していますか?

あなたの「いい仕事」を明確になりましたでしょうか?

ちなみに、私は研修講師がメインでその他人事組織コンサルタント、コーチが仕事ですが、私のいい仕事とは、・・・この続き、後述(※)。


2)【実践のヒント】ふり返りしていますか?

最近、研修は「○○○○」の場(機会)と言っています。

この○○○○に入るのが『ふり返り』です。

あなたは、『ふり返り』って何だと思いますか?

やったことを見直すこと、思い起こすこと、反省すること、良し悪しを明らかにすること、等と言われます。

『ふり返り』とは、「できたこと、できなかったこと、また、うまくいったこと、うまくいかなかったことを明らかにすること。
そして、今思えばどうしたらよかったのか、また、何があればうまくいったのかを考える。よかったことは、何が良かったかも明確にすること。
さらに、その中で気づいたこと、分かったこと、ヒンをト次にどう活かすか、今度はどのようにするかを決めること」です。

『ふり返り』は、経験から学び、成長することです。

『ふり返り』をすることで、いい仕事となるための改善、向上ができます。そしていい仕事ができる人になるために学習して、成長することができるのです。


3)【実践のヒント】 ふり返りの実践法

■前項2)であげた『ふり返り』をするための質問です。

○できたことは何ですか?/できなかったことは何ですか?
○うまくいったことは何ですか?/前進したことは何ですか?
○何があったから(したから)うまくいった(できた)のですか?
○今思えば、どうすればよかったのですか?
○やってみて気づいたこと、分かったことは何ですか?
○行動計画を実践して気づいたこと、学んだことは何ですか?
○気づいたこと、学んだことを次に(実際の仕事に)どのように活かしますか?
○何を変えたら、さらに向上しますか?
○今度は何をしたら、さらに成果に結び付きますか?

■『ふり返り』をするタイミングは、

 ○1日の終わり(翌日の予定も確認する)
 ○一つの仕事(案件)が終わる度に
 ○1週間、1ヶ月等の区切りでふり返る
 ○四半期(3か月)、1年などの長期のふり返り


※私のいい仕事とは、「お客様は、顧客企業の経営者、人事研修部門の管理者(クライアント)そして、研修・セミナー参加者(エンドユーザー)。そして、企業の人材(研修・セミナー参加者とその職場のメンバー)が本来持っている能力(可能性)を最大限に発揮して『いい仕事』をすることに役立つこと。そのために日々ふり返り、気づいたことを改善し、向上することです。」



読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村