2017年08月20日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント】No3

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント】No3
==================================================
本メールマガジンは、私どもの研修・講座・セミナー受講者の方へ「いい仕事をするためのヒント」を提供し、研修での学びを実践へ結びつけ、いい仕事、いい職場づくりに役立つことを目指します〔株式会社インタフェース〕。
==================================================
今号の目次
1)【今日のヒント】知る⇒分かる⇒(    )⇒できる
2)【実践のヒント】『やり続ける』ために必要な3つの“気”
____________________________

1)今日の【ヒント】知る⇒分かる⇒(   )⇒できる

前回メルマガの【今日のヒント】は、「ふり返りしていますか?」でした。
今回まで2週間(お盆休みで2週間空きました)で「ふり返り」してみましたか?

今日の【ヒント】は、「知る⇒分かる⇒(    )⇒できる」です。
この(     )内には、どんな言葉が入ると思いますか?
あなたなら、どんな言葉を入れますか?

この「知る⇒分かる⇒(    )⇒できる」は、いつも研修の最初に話すことの一つです。


研修でいろいろなことを学んでも(知って、分かっても)、すぐできるようには、なりません。

本を読んでも(知って、分かっても)、なかなか身につきませんよね。その読んだことをすぐにできるようには、なかなかなりません。


ところで、(    )の中にはいろいろな言葉が入ります。例えば、「気づく」、「納得する」、「やる気になる」、「もっと理解を深める」、「勇気」等々。


さて、私の最近の答えは『やってみる』です。
まずは、やってみるから始まります。逆にやってみないと始まらない。

そしてできるようになるためには、さらに『やり続ける』ことが必要です。


2)【実践のヒント】『やり続ける』ために必要な3つの“気”

「やり続ける」ために必要なこととして「気づき」、「やる気」、「本気」の3つが欠かせません。

「気づき」とは、研修や本で読んだこと(知ったこと、分かったこと)についてこれまで自分はどう考えていたのか?どのようにしていたのか?又は全く考えたこともない新しいことなのか?と言うように、その学んだことについて、自分自身これまではどうだったのかをふり返って「気づく」ことです。
気づくことで、やってみる意味や必要性を強く感じることができます。


「やる気」とは、やってみるようになる、その引き金です。そのためには、分かったことをさらに納得するまで、理解を深め得心する、やることが自分にとってどれだけ価値(又はメリット)があることかまでを考えること、そして見通しを付けることで、その気になります。


「本気」は、そのやってみたことが続くこと、それを続けさせる気持ちです。「やる気」が途切れず、ほとばしり続ける位の気持ちのあり様です。正直、やる気は出たりで出なかったりします。この「本気」であることが、できるようになるには必要なのです。その前段として「やる気」があるのです。


ということで、米倉涼子さんのガムのCMではありませんが、30代(もちろん何歳代でも)は、「気づき」、「やる気」、「本気」の3つの“き”が必要なのです。


私自身この研修・セミナーの参加メンバー向けのメルマガ『いい仕事をしよう〜マネジメント実践』、これ自体をこの3つの“き”、『気づき・やる気・本気』で、やり続けて、本当に役立つものにしてまいります!



読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村