2017年10月11日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.10

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.10
==================================================
「解決ゴール」から始まった仕事・職場の問題解決のヒントその7です。

【今日のヒント】前号の「OKメッセージ」を含めてこれまでお伝えしてきた仕事・職場の問題解決6つのヒントのおさらいです。
_____________________________________________________

これまでお伝えしてきた仕事・職場の問題解決の6つのヒントは、「解決志向(ソリューションフォーカス)」というセラピーの手法を人や組織のマネジメントに応用したアプローチです。

解決志向とは、『問題を深く分析するかわりに、「どうなりたいか」「何を手に入れたいか」という未来の解決イメージをつくり、そこから目の前の具体的行動を変化させるように導くプロセスで解決(目指す姿)を実現する手法』です。

今号では、No4から前号No9までを復習していきます。

@まず『解決ゴール』を明確にすること
解決ゴールとは、「解決したとはどのよう状態ですか?」「どうなっていたらいいのですか?」の答えをハッキリ、クッキリさせることです。

実践のポイントとしては、「解決ゴール」は紙に書く、絵にして描く、関係者・協力者に伝えて共有することです。(解決志向では、「解決ゴール」のことを「フューチャーパーフェクト」と言います)

A次に『解決リソース』を探すこと
解決リソースとは、問題解決を進めるために役立つこと、活用できること、解決策のヒントになること(人、モノ、情報、経験、ノウハウ、等)です。

Bそして『スモールステップ』を決める
スモールステップとは、問題解決を進めるための具体的な行動のことです。解決リソースをヒントに複数の解決の具体的行動を見つけて、その中から選びます。

C『スケーリング』を活用する
スケーリングとは、一言で言うと『解決を前進させるためのモノサシ』のことです。問題が完全に解決した状態(解決ゴールに達成した時)を10として、最悪の時を1としたら、現状はいくつだと感じられるかを評価することです。

D『フォローアップ』で解決ゴールへ前進する
フォローアップとは、一言で言えば「スモールステップ(具体的行動)」をやってみて、うまくいったことを見つけ、そのうまくいくようになったことは続け(反復・継続)、うまくいかないことは止めて、違うことをやる」ことです。

E最後に、最初にも、またいつでも『OKメッセージ』
OKメッセージは、人や組織において問題解決を図る際に、一緒に取り組むメンバーや相談に来た相手、相談をした相手に(職場の上司、同僚、部下、関係部署の人)に対して、肯定的な言葉を伝えることです。

問題解決は、お互いがギクシャクした関係やネガティブな気持ちでいるよりは、お互いの信頼関係やポジティブな気持ちがある方が、前進していきます。

以上、No4〜No9までの6つの解決のヒントのおさらいをしてきました。

それぞれをさらに詳しく学び直すためには、以下から各号をご覧下さい。
http://interface-hrdod.seesaa.net/category/26696096-1.html


「解決志向(ソリューションフォーカス)」をさらに詳しく学ぶための本を2冊紹介します。

解決志向(ソリューションフォーカス)の実践マネジメント
 青木安輝著、河出書房新社、2006年
ソリューション・フォーカス
 ポール Z ジャクソン,マーク・マカーゴウ共著、
 青木 安輝翻訳、ダイヤモンド社、2008年

本の紹介は以下のブログもご覧ください。
http://interface-hrdod.seesaa.net/article/83985768.html


次号では、解決志向のコミュニケーション「解決の会話」について。



6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村