2018年02月13日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.25

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.25
==================================================
【今日の実践ヒント】
職場での良い関係作りのために『挨拶と声掛けをしよう!A』
____________________________

おはようございます!
前回のブログを読まれてから、意識的に挨拶をしてみていただけましたか?

前回から引き続き、今回も『挨拶と声掛けをしよう!A』です。さらに挨拶について考え、そして実践していきましょう。

さて、「おはようございます!」等の挨拶をするメリットは何ですか?
を3つ挙げてみて下さい。
・・・・

研修でしたら、ここで30秒〜1分位待って答えてもらいますが、ブログではそれも出来ないので、以下に述べます。

➀元気な挨拶で自分の気持ちも元気になる。
➁リーダーの挨拶から、職場も明るく元気になる。
➂お互いに意識を向け、関心を持つことができる。
➃メンバーからのコミュニケーションがとれやすくなる。
➄同時にリーダー(自分)からもとりやすい。
➅メンバーの調子や様子をみることができる。


以上の6つは、職場のリーダーとして、率先して「挨拶」をすることのメリットです。

もちろん、メンバーにとってもほぼ同様のメリットがあります。明るく元気な挨拶をしてくれるメンバーにリーダーも声が掛けやすいからです。

前号で「朝一番から始まる研修で、こちらから声をかけて挨拶をします。

その挨拶の反応で、その会社や参加者の雰囲気やコミュニケーション環境をある程度感じとることができます。」・・・と述べました。

私からの「おはようございます」に、反射的に返す、その無意識的な挨拶の行動習慣がその職場のコミュニケーション環境に大きく作用しているのです。

挨拶は明るく、元気よく、相手を見て挨拶をする。
笑顔での挨拶、その表情や態度が大事なのです。

少し丁寧で優しい口調で挨拶をする。挨拶はコミュニケーションの第一歩、報連相のウォーミングアップ、発声練習でもあり、明るく仕事を始める大事なスキルです。

職場のリーダーの方に特に、またメンバーの方へも(つまり全員に)、職場の皆が、朝に「おはよう」と明るく元気な挨拶ができていて、帰りにはお互い「お疲れさま」の挨拶で締めくくる。

お互いの存在承認ができている。そうすると当然お互いがコミュニケーションを取りやすくなり、当然、職場での仕事の結果や状況を伝える「報告・連絡・相談」も円滑になります。

あいさつができていない新人、またベテラン社員もいるでしょう(もしかしてリーダー、上役にも)、そのことを個人の問題にしていませんか。

職場のリーダー(メンバー)としては、「挨拶」がしっかりとできている状態をつくることは、職場のコミュニケーションを良くして、お互いの信頼関係をしっかりとつくる土台の一つです。

今日も明るく挨拶できましたか。


それでは、また来週。




6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村