2018年03月08日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.29

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

【いい仕事をするために〜マネジメント実践のヒント】No.29
==================================================
【今日の実践ヒント】
職場での良い関係作りのためにその5
『相談・質問して、話を聞こうA』
____________________________

おはようございます!
いつも「いい仕事をしよう!マネジメントの実践ヒント」をお読みいただき、ありがとうございます。


さて、今号の良い関係づくりの実践ヒントは『相談・質問して、話を聞こうA』です。

前号では「よく話をする相手」を増やすため、相手の話を聞く機会を増やす。
そのために、相手が上司・先輩であれば、「相談」を活用すること。
同僚、後輩また部下であれば、相手に質問して本人の意見・考えを聞くこと。
の2つをお伝えしました。

そして、「相手の答え・意見は、笑顔と共にどんな意見でも否定、批判しないで、まずしっかりと受け止めて聴くこと、が必要です。」とお伝えしました


そのために、具体的にすることは、3つあります。

一つ目は、相談した相手、質問した相手からのアドバイス・意見、回答をしっかり『きく(聞く&聴く)』ことです。
聞くとは相手の言った言葉自体を注意深く聞くことです。聴くとは、その言葉の意味、そう言った理由・根拠、相手の考え方までを受けとめることです。

二つ目は、聞いたことに対して必ず反応することです。
「なるほど」でも「そうだね」と言うことば(相槌)、うなずくこと、です。

三つ目は、聞いたことで大事なこと、納得できたこと、アドバイスを受けて、自分がしようと思うことについて必ず、相手に伝えて確認すること、です。
「○○が大事だということですね」「□□は、役立ちそうです」


あなた自身が、相談や質問を受けて、アドバイスや意見を言った後に、この3つのことをしてくれる相手と、そうでない相手では、感じ方は大きく違うと思います。

ここで意図することは、相手の意見やアドバイスが実際に役立つかどうかだけではなく、話した相手が、「よく話を聞いてくれたと思うこと」、相手が「分かってくれた、役立ったと感じること」ができたかどうかなのです。

そして、もちろん「ありがとうございました」、「ありがとう。聞いて良かったです。」と感謝の言葉を伝えることです。


先週1週間、誰に相談しましたか、また質問して教えてもらいましたか。
相手の意見、アドバイスに、以上3つのことをしていましたか。


それでは、また来週。



6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村