2018年06月25日

【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント2】No4

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

【いい仕事をするために〜マネジメント実践ヒント2】No4
==================================================
今号のテーマ
口頭(対面)のコミュニケーションは、「話す・聞く」と「質問」の3つから成る
____________________________

質問は聞いているのですか、話しているのですか?
「皆さん、質問はどんな時にしていますか?」これは私が研修でよくする質問です。

よくある答えは、「自分がよく分からない時に」、「自分の考えを確認したい時に」、「知らないことをさらに理解するために」等。
どちらにしても、これらの質問は自分のためにする質問と言えます。

この他に「相手のための質問」という質問があります。相手が言いたいことをさらに引き出すための質問、相手もハッキリ認識していない曖昧な点を明確にさせるための質問、相手自身が迷っていることを決断させるための質問、等です。

他には、双方の理解を確認するための質問もあります。これは、「自分と相手両方のための質問」と言えます。

ところで、「質問は、聞いているのですが、話しているのですか?」。こんな質問をされたら、あなたは、どう答えますか?
これには「聞いている」、「話している」両方の答えが返ってきます。

口頭のコミュニケーションが「話す」と「聞く」からなっていると言われますが、「質問する」は「話す」と「聞く」の内のどちらなのでしょうか?ちょっと困ってしまいますね。

私の答えは、コミュニケーションは「話す」と「聞く」だけではなく、もう一つ「質問する」を含めた3つからなっている、というものです。そう考えるとスッキリしませんか?

この考えでは、日頃あまり意識していなかった「質問」がクローズアップされます。

「質問」をすることで、話していることについての自分の理解を深めることができます。
また、双方の理解している内容の確認、共有化、そして何が合意して何が合意できないかもハッキリさせることができます。さらには、質問することで、話し合っている相手の考えを明確にし、理解を深めて、良い結論を導くこともできます。新しいアイデアが生まれてくることさえできます。

コミュニケーションは「聞く、話す、質問する」の3つから成る。
これが私の結論です。

中でも質問を意識的に活用する。
リーダーに求められるコミュニケーションの実践スキルです。


【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダーに必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)が、4月28日
から発売されました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

本メールマガジンにこれまで載せた内容も整理して掲載されています。


6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村