2018年07月23日

【いい仕事をするための職場コミュニケーション61】No8

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

=================================================
今回のテーマ
あなたは、朝どんな挨拶をしていますか?
「挨拶、声かけのスキル」
____________________________

あなたは、朝、職場で会う人に、どんな挨拶をしていますか?

「おはようございます」「おはよう」、「元気!」「調子どう?」、その場にいる一人一人に挨拶する人、黙って頭を少し下げるだけ、目を合わせる程度、等々。

その「おはよう」の声の大きさ、調子はどんな感じですか?
そもそも、毎朝どんな挨拶をしているか、自分で分かっていますか?

挨拶は、多くの人にとって、無意識的、習慣的な儀礼行動となっています。

今日は天気が悪いから、逆にいつも以上に元気で明るい声でみんなに挨拶して、職場を明るくしようとか、今日はみんなの反応をよく観察しながら挨拶しよう、等といちいち今日の挨拶の仕方を考えながらする人はいないでしょう。

今回は「挨拶、声かけスキル」(存在承認のスキル、とも言います)

挨拶は相手の存在を認めることであり、自分の存在(来たよ)を知らせることでもあります。また、コミュニケーションのスタートでもあります。

職場のリーダーとして、率先して「挨拶」をすることのメリットは、少なくとも6つあります。

➀元気な挨拶で自分の気持ちも元気になる。
➁リーダーの挨拶から、職場も明るく元気になる。
➂お互いに意識を向け、関心を持つことができる。
➃メンバーからのコミュニケーションがとれやすくなる。
➄同時にリーダー(自分)からもとりやすい。
➅メンバーの様子やその日の調子をみることができる。


印象に残る挨拶は声とその大きさだけではありません。

こちらを見て挨拶をしてくれる、笑顔での挨拶、挨拶だけではなく声かけをしてくれる、その表情や態度が大事なのです。

少し丁寧で優しい口調で挨拶をする。
挨拶はコミュニケーションの第一歩、報連相のウォーミングアップ、発声練習でもあり、明るく仕事を始める大事なスキルです。

職場の皆が、朝に「おはよう」と明るく元気な挨拶ができていて、帰りにはお互い「お疲れさま」の挨拶で締めくくる、存在承認ができている。そうすると当然お互いがコミュニケーションを取りやすく、当然、職場での仕事の結果や状況を伝える「報告・連絡・相談」も円滑になります。

挨拶ができていない新人、またベテラン社員もいるでしょう。
そのことを個人の問題にしていませんか。これは職場の環境問題です。

職場のリーダーとしては、「挨拶」がしっかりとできている状態をつくることは責務の一つ。

職場のコミュニケーション環境を良い状態に保つことは、お互いの信頼関係をしっかりとつくる土台の一つなのです。



【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダーに必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)が、4月28日
から発売されました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

本メールマガジンにこれまで載せた内容も整理して掲載されています。



6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村