2018年08月28日

【いい仕事をするための職場コミュニケーション61】No11

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

=================================================
今号のテーマ
『人を理解するとは、を考える3〜理解の仕方5つの方法』
____________________________


前々回人を理解する際に『自分と相手を区別する』ことが基本と言いました。

前回は『人を理解する2つの視点:相手自身の視点・自分視点から』のテーマで、相手自身の視点からの理解の仕方として「受容的理解」「共感的理解」の2つをお伝えしました。

今回は『人を理解するとは、を考える3〜理解の仕方5つの方法』として、前回の2つの理解の仕方を除いて3つの理解の仕方についてお伝えします。

一つ目は「分析的理解」

人を知るための情報を以下に挙げます。

氏名、生年月日、年齢、血液型、星座、出身県(都道府県)、身長、体重、好きな食べ物、靴のサイズ、持っている資格、特技、趣味、嗜好、学歴、経歴(経験)、家族構成、住所、携帯番号、メールアドレス、等々。

最近は個人情報保護法も浸透して、プライバシー領域が拡大し、同じ会社、同じ職場の人だからといって何でも知ることはできません。
それでも、相手のことについてよく知っていること、それ以前に関心を持つこと、理解しようとすることはリーダーの心得その1みたいなものです。相手と話をする頻度が多ければ、自然とその相手についての情報が入ってくるものです。

先に挙げた各項目は、その人の属性や特徴づける要素。このようなその人を構成する要素から理解することを「分析的理解」といいます。

後の2つの理解の仕方は、前回お伝えした「自分の視点」からの理解の方法です。

その一つは「判断的理解」です。

この理解のし方は、相手の言動について自分は、「いいことだ」、「悪いことだ」や「それは正しい」「それはおかしい」と自分の判断で結論付けて、それを表明することです。

この理解は、相手について自分が認識したことから、自分のモノサシで判断をして、それを言っていることになります。


もう一つは、知的なレベルで相手の状況を認識把握し、相手の問題のあり方や妥当な方向性を指摘する「解釈的理解」です。

この理解のしかたは、一見客観的なように見えるのですが、実は主観が強い理解。

自分の体験や経験の積み重ねに基づいた因果的な図式や枠組みから、相手の気持や考え・行動を一定の方向に限定し、勝手な意味づけをしています。自分の解釈を述べているのであって、相手そのものを真に理解しているとはいえません。


前回の相手視点の2つの理解の仕方と、先に述べた「分析的理解」と合わせて理解の仕方には次の「5つの方法」があります。

5つの方法について日頃の自分をふり返り、自分自身がよく使っている理解のし方を把握しておきましょう。

■事実情報の理解
➀「分析的理解」
:相手に関しての客観的な事実情報を知ること
■相手視点の理解
➁「受容的理解」
:相手が感じ、考えていることをそのまま受け止めること
B「共感的理解」
:相手の感じ方を共有する、同じように感じ取ること
■自分視点の理解
C「判断的理解」
:相手の言動を自分のモノサシで判断して理解する
D「解釈的理解」
:相手の言動の理由・意味を自分の解釈で理解する

人を理解するとは、を考えるシリーズは今回で終わりです。


次回は、職場を明るくするコミュニケーションです。お楽しみに。



【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダーに必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)が、4月28日
から発売されました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

本メールマガジンにこれまで載せた内容も整理して掲載されています。



6rhpkf読まれたら、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村