2018年09月18日

【いい仕事をするための職場コミュニケーション61】No14

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

=================================================
今日のテーマ
『非言語コミュニケーションを活用しよう(1)』
____________________________

おはようございます!
今回のテーマは、『非言語コミュニケーションを活用しよう(1)』です。


非言語コミュニケーションとは、言葉(言語)以外の手段を使ったコミュニケーションのことです。
表情、視線、身振り・手振り、また話すスピートや間、声の大きさ、調子などが非言語コミュニケーションです。

本メルマガNo8で『挨拶、声かけのスキル』で朝の「おはよう」から始まって、挨拶の大切さをお伝えしました

実は、挨拶も80%以上『非言語コミュニケーション』と言えるのです。

挨拶の言葉「おはようございます」「おはよう」や声かけの言葉「元気!」がありますが、それ以上に相手を良く見て挨拶するか、見ないで挨拶するか、相手に届くような声で挨拶をするか、小さな声でボソボソと挨拶するか、等で相手に伝わる内容(感じ・印象)は大きく変わります。


この非言語コミュニケーションの活用によって、職場で周囲の人(上司、同僚、部下)との関係やコミュンケーションの取れる度合いが大きく変わります。

しかも、言語コミュニケーションと比べて非言語コミュニケーションは、習慣的、無意識的にしている場合が多いのです。

なぜなら、多くの人は、何を言うか、どのような言葉を使うかは、何らかの準備をしたり、意識して考えて話します。しかし、どんな表情で、視線をどこへ向けるか、話すスピートや間、声の大きさ、調子等をどのようにするかをいちいち考えている人は少ないからです。

だからこそ、リーダーの皆さんやコミュニケーションをとることが必要な人にとってこの表情・視線・姿勢や声の調子・間・スピードを意図的、意識的に使うことが非常に効果的なのです。


さあ、まず今週は自分の視線や表情・姿勢、声の調子・間・スピードについて少し意識してみませんか。
また、話をする時、聞くときに相手の視線や表情・姿勢、声の調子・間・スピードについて少し観察してみて下さい。

これまで以上に、非言語から伝ってくること、感じとることを大事にしてコミュニケーションをとってみてましょう。

次回から、効果的な非言語コミュニケーションについて、さらに具体的に考えていきます。

それでは、また来週。


【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダーに必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)が、4月28日
発売されました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧ください。

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村