2019年07月28日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No.92

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.92『研修・セミナー受講後に気づきや学びを実践・継続するために(1)〜報告しよう!』

____________________________


こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

先週は、1日のアセスメント研修を1回、2日の管理者研修を1回担当しました。

毎回研修終了時には、研修で気づいたこと、学んだことを、職場に戻って活用・実践の継続を訴えています。

私の多くの研修ではそのために、最後の20〜30分で、研修後の目標と行動計画シートを作成してもらっています(本メルマガ読者の多くも作成したことと思います)。

研修で作成した皆さま、「目標・行動計画シートはどこ行ったけ?」なんてことには、もちろんなっていないでしょうね。

とはいえ、私も会社勤めの時に社内研修やセミナーを数多く受けて、その後の仕事や人生に活かしたり、記憶に残ったりしているものもあれば、受けたことしか覚えていないものもあります。

今日のいい仕事のヒントは、『研修・セミナー受講後に気づきや学びを実践・継続するために(1)〜報告しよう!』

そうです「報告する」のです。

その報告ですが、私の研修でいえば、その作成した「目標・行動計画シート」をつけて上司へ報告するのも良いでしょう。

実践・継続に結び付けるためには、上司(会社)へ報告するだけではなく、職場への報告です。つまり、同僚や部下・後輩への報告です。

こちらは、行動計画シートや報告書ではなく、口頭でも構いません。

研修後の報告には、3つの目的があります。

一つ目は、先に述べた上司(会社)への報告。これは会社がお金をかけて参加した研修であれば、業務の一環でもあり当然すべきことです。

二つ目は、報告というよりは、自分が研修で気づいたことや学んだことの中で、職場のメンバーにも役立つと思うことを伝える、教えるということです。

研修のすべてではなく、相手に応じて(相手のニーズやレベル、タイプに合わせて)選択して伝える(教える)のです。

人に伝える、教えるということをすることで自分の中でも改めて確認したり、明確になったりして理解が深まるのです。
そうすると当然自分自身が実践することにもつながります。

三つ目には。自分の行動計画(職場で実践すること)を伝えて職場のメンバー(上司も)に全員、協力者になってもらうために報告するのです。

逆に研修報告という旗印で、日ごろ職場の中で何とかしたいと思っていることを行動計画にいれて、メンバーを巻き込むという手もあります。

どちらにしても、研修での気づき・学び、実行することは出来る限り多くの人に報告することで、実行しなければと自分自身を(いい意味で)追い込むことにもなります。

さあ、次に研修を受ける際には、是非この「職場の人や関係者の多くの人に報告をする」を実践してみて下さいね。


お時間あれば、その他感想・コメント何でも結構です。メールをお待ちしております。

本ブログ&メールマガジン読者であれば、どなたでもいつでも結構です。
あて先は、info*interface-h.co.jpへ(*を@にして返信ください)。

それでは、また来週。




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村