2019年08月04日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No.93

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.93『研修・セミナー受講後に気づきや学びを実践・継続するために(2)〜継続の小さな仕組みをつくる』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

先週は、2日間の現実課題解決(アクションラーニング)研修、1日のコーチング研修を担当しました。

前者の研修では作成した目標・行動計画について半年後に実践レポート(実践と振り返り、質問等)の提出、後者も1週間後に感想レポートを提出してもらうという両者ともフォロー付き研修です。


さて、前回からいい仕事のヒントは『研修・セミナー受講後に気づきや学びを実践・継続するために』。
今回はその(2)で「継続の小さな仕組みをつくる」です。

冒頭で述べた先週の2つの研修はどちらもフォローアップが組み込まれた研修でした。

今回のヒントは、そのフォローの仕組みを自分自身で、自分のために、「継続できる小さなことでつくっちゃおう」というものです。

どんなことが考えられそうですか?


まずは、作成した行動計画や実行しようと決めたことを忘れないために、紙に書いたものを毎朝見る

机に張り出しておく、又は手帳に挟んでおく

ノートPC、タブレット、スマホを開くとすぐ見えるようにしておく

どちらにしても行動内容をキャッチフレーズにしておくとよいでしょう。


次に、継続的な振り返りの機会を作ることです。

その期間としては、毎日(1日の最後に)、1週間(週末に)、1ヶ月(月末に)等。

作成した行動計画や実行しようと決めたことについて実践とその結果を振り返ります

振り返る際に、前回の職場のメンバー(上司、同僚、部下、等)への報告と結び付けて、自分の振り返りを聞いてくれる(報告する)相手を決めておく(お願いしておく)という合わせ技も使えます。

他には、フォローアップ学習として、参加(受講)した研修テーマ、内容に関する本を継続して読むという手もあります。

3冊くらいの研修の関連(参考)と書を選んで1ヶ月に1冊、3ヶ月で読了。

読むだけではなく、出来れば、感想をブログやfb他SNSなどに簡潔な内容でもいいので投稿する

オープンにしない場合には、感想・レポートを書いたり、その本から学んで実行すること(スモールステップ)を一つ決めるのもいいでしょう。


最後に、本メルマガ読者の方でしたら、全員が活用できる方法をお教えします。

それは、研修後に実践したこと、やってみて出てきた質問や相談事を私五十嵐仁にメールすることです。

遅くとも1週間以内には必ず返信します。
(研修終了時に私とメール交換しメルマガをお読みの方に、最近は「この研修は無期限フォロー付きです」と言っています)


さあ、今回のいくつかヒントを基にご自身に会った「継続できる小さな仕組み」を作って、実践してみて下さいね。

そして、是非その「継続できる小さな仕組み」を私宛にメールでご報告願います。
皆さんで共有できれば、さらに嬉しいです。


お時間あれば、その他感想・コメント何でも結構です。メールをお待ちしております。

本ブログ&メールマガジン読者であれば、どなたでもいつでも結構です。
あて先は、info*interface-h.co.jpへ(*を@にして返信ください)。


【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村