2019年09月17日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No99

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.99自分の頭の使い方A
『【骨組み思考】物事を骨組みで捉えて、
それを基に整理して考える習慣』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

今回のテーマは、先週号からスタートした「自分の頭の使い方(7項目)」から2番目の『【骨組み思考】物事を骨組みで捉えて、それを基に整理して考える習慣』です。


前回お伝えした【中心思考】は、中心点(目的、主要因、本質、要点)ということで一つ(点)というイメージでしたが、今回の【骨組み思考】は、その中心点の関係や中心点に基づく組み立てで考えるというものです。

考える対象範囲・物事、問題の全体を把握して、それぞれの中心点をただバラバラに眺めるのではなく、その関係性(因果関係・相関関係)や時系列(時間・工程の流れ)、または性質の異なるものは分けて、同じ性質のものをまとめる(分類・カテゴリー等)でその組み立てを整理することです。

この関係や組み立てで整理することをしないで考え始めると、中心・骨組みが不明確なままなので、考える基点がなく、堂々巡りしたり、話が飛んだりして、非常に無駄が多いこととなります。

そうすると、目についたものにすぐ飛びついて大事なもとのとしてしまう「単純思考」、整理できないままの「混乱思考」という成果の結び付きにくい思考パターンとなります。
思考するエネルギーの無駄遣いとも言えます。


さて、この【骨組み思考】の進め方は、大きく2つにあります。

1つは、対象となる物事の骨組み・組み立てを自分自身で考えることです。
具体的には、「自分の伝えたいことを3つにまとめる」、「カテゴリー分けをする」、「要点の関係性を考える」、「効果的な進め方の手順を考える」等です。

2つは、既にある骨組みのパターンを活用することです。
例えば、論理的に伝える場合の「結論⇒理由⇒その根拠・データ」の活用、優先順位を「重要度と緊急度のマトリクス」で整理する、仕事の進め方の基本、改善の基本である「PDCAサイクル」などです。

この2つ目は「フレームワーク思考」ともいわれ、各分野で既にある効果的なフレームワークを学び、活用することです。

私の研修でも伝える内容の多くは3つにまとめたフレームワークが多くあります。
(私のオリジナルばかりではなく、学んだものも多いのですが)管理者研修や「真・報連相」研修を受講した方にはおなじみの「いい仕事の基本『3の視点』〔目的・相手・自己〕」、「情報共有化の『3つ深度』」等です。

以上も含めたフレームワーク思考は、多くの場合解決行動やコミュニケーション、実際の仕事で実践活用するために有効なものです。


この『骨組み思考』を習慣化するための実践のヒントは、
まず、複雑な問題はブロックやカテゴリーに分けてみることです。その上で各ブロック、カテゴリーの中心点を掴み、その各々の中心点の相互関係を考えて、一番の中心点を明確にします。

上記のヒントはは前回の【中心思考】の実践のヒントCとほぼ同じです。

もともとは『中心・骨組み思考』という言葉で思考する際に、考える基点とその関係性をセットで示していたのですが、内容をシンプルにするために今回は分けて説明しています。

仕事や問題解決の行動手順も各重要なキーポイントを掴んで、ステップに分けて手順を考えてみることなのです。


これまで仕事がうまくいったとき、成果をあげたときには、振り返ってみるとこの解決の手順・ステップがしっかりと出来ていることが多いでしょう。

既に皆さんの中で、成功体験の中で『中心・骨組み思考』ができていた経験もお持ちの方もいると思います。
思い当たった方は、是非メールくださいね。

お時間があるときに、本メルマガの感想・コメント、実践報告、何でも結構です。
メールをお待ちしております(igaj*interface-h.co.jp 宛て、*を@にして送信下さい)。


それでは、また来週。




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村