2019年11月25日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No108

6rhpkf読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
No.108 自己のキャリアを考える@
『長期的な仕事の目的・目標を持っていますか?』

____________________________

こんにちは、インタフェース五十嵐仁です。

今回からテーマは、「自己のキャリアを考える」です。
今日は、自己のキャリアを考える@『長期的な仕事の目的・目標を持っていますか?』


今月初めから、E市役所の研修でテーマ「キャリアデザイン」の研修企画を検討してきました(実施は今週末)。

私自身、21年前に独立して、研修講師・人事組織コンサルティングの仕事を始めたころに取り組んだテーマの一つが「キャリアコンサルティング」でした。

当時は、大企業のリストラで、会社都合での退職者の方を、元の会社からの依頼で就職相談(就職支援コンサルティング)がその主な内容でした。

しかし、その際にも短期的な就職先選びと就職活動だけではなく、これまでの仕事経験(キャリア)を振り返り、今後どのような仕事で自分を活かしていくのか(キャリアプラン)を考えてから就職先(次の仕事)を考えていくことが、多くの人には再就職自体にも、また再就職した後にも役立っていました。


さて、今回のテーマ『(あなたは)長期的な仕事の目的・目標を持っていますか?』

皆さんの答えはいかがでしょうか?

「明確にあるとも言えないが、ないこともない(少しは考えている)」、「あまり考えたことがない」、「就職が決まってから(今の会社に入ってから)は全く考えてことがない」等々様々でしょう。

「キャリア」とは:一言でいうと、仕事や職業の経験のことです。仕事に関わる経験の積み重ねのことを意味します。
仕事について個人としての目的・目標から、必要とする能力(知識・スキル)の内容やその習得迄含みます。

仕事を通して人生の中での意味・価値や社会・組織に貢献することまでも含めて考えていくと「キャリア」とは、仕事についての経験や能力だけではなく、仕事や職業を中心とした自らの生き方そのものともいえるものです。

「キャリアデザイン」とは:自分自身の職業人生、仕事経験を自らが主体となって考えて、その実現を図ることです。

その中で、自分が目指す『長期的な職業上で実現したい目的・目標』のことを「キャリアビジョン」と言います。

多くの人は、小さい頃に将来につきたい仕事(職業)を描きます。
その後は、進学や就職に直面して改めて(又は初めて)真剣に考えます。

そして、仕事に就くとその後は、よほどのことがない限り長期的な目的・目標、ビジョンを描くことは少なく、目の前の仕事をこなしていることが多いのではないでしょうか。

人生80年、100年時代と言われ、働く環境も変わり、また社会や仕事(事業)そのものが、グローバルの中で変化している現在、一人一人が自分のキャリアビジョン(目的と目標)を考えることは、いい仕事をし、いい人生を創るために必要なことと考えます。


今回の自己のキャリアを考える@は、この「キャリアビジョン」の問いかけを考えることです。

『(あなたは)長期的な仕事の目的・目標を持っていますか?』について、今週少し考えて(考え始めて)みませんか。


お時間があるときに、本メルマガの感想・コメント、実践報告、何でも結構です。
メールをお待ちしております(igaj*interface-h.co.jp 宛て、*を@にして送信下さい)。


それでは、また次回。




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷されました。引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村