2020年02月25日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No120

読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ:『相談した後にする2つのこと』
____________________________

こんにちは。
インタフェース五十嵐仁です。

前回のテーマは、『「どうしましょうか」相談から「こうしましょうか」相談へ』でした。


さて、「どうしましょうか」相談でも「こうしましょうか」相談でも、相談をした時とその後にすべきことが2つあります。

一つは相談相手になってくれた人へ感謝の気持ちを表すことです。
当たり前と言えば、当たり前なのですが、相談相手に伝わる「ありがとうございます」となっていますか?

相談して「なるほど!」と思わず唸るようなアドバイスやヒントを貰った時には、「ありがとうございます!⤴」と言えても、「(内心)な〜あんだ。そんなことしか言ってもらえないのか」という期待外れの答えしかもらえなかった時には「ありがとうございます⤵」(口だけ)になっていませんか。

また、どちらにしてもアドバイスを貰って参考にして取り組んだ後、その結果が良かったか、悪かったかはともかくとして、「この前は相談にのっていただいてありがとうございます。おかげさまで何とか対処できました。」と必ず結果報告をしていますか

相談に乗ってもらった上司、先輩に「感謝の気持ち」が伝わることと「相談後の結果報告」をおこなうことで、またさらに相談に乗ってもらえる関係ができるのです。

また、日ごろから上司、先輩に自分の仕事の現状を報告し、連絡しておくことで、相談に行ったときに的確なアドバイスを貰えるのです。


ところで、「どうしましょうか」相談から、「こうしましょうか」相談の話は、新入社員、若手社員だけのことではありません。

中堅社員、ベテラン社員、管理監督者になっているあなた、「こうしましょうか」と必ず意見を持って相談していますか。

「こうしましょうか」と意見があることはいいのですが。次にはその中身が問われてきます。
また、「こうしましょうか」相談の自分自身の意図(目的)も重要です。

「どうしましょうか」では、何か自分の意見を言わないと怒られるから、一応何か言っておくレベルの意図から、実は、これで行こうと決めていて、承認・合意を貰うための意図、そこまでの自信はないが、上司(先輩)に意見ももらってさらによいやり方を見つけたい、相談をするだけではなく、その相談事に関しての上司(先輩)の考えを知りたい、等々。

「相談」は、ただ相談事へのアドバイスや意見をもらうだけではなく、様々な目的が考えられるのです。その目的を意図的とおこなうことで、いい仕事ができるようになります。

次回は、「相談」の意図・目的、そして中身について考えていきます。





【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



6rhpkf読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村