2020年11月02日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No168 『人の頭を使おう〜相談活用力1「相談の本質はシナジー」』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

今日のテーマ
『人の頭を使おう〜相談活用力1「相談の本質はシナジー」』

____________________________

こんにちは。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのメルマガ(ブログ)をお読みいただき、ありがとうございます。

今回からは、職場の相談について、考えていきます。

さて、「相談」は、『一人で困ったらアドバイスを貰うこと、及び自分一人ではなく二人以上で仕事についてより良い問題解決を図ること』とお伝えしました。


私が担当する報連相研修で、「相談」って何ですか?と聞くと、分からないことを上司・先輩に聞くこと、困ったら教えてもらうこと、などの答えが返ってきます。

先に述べた定義の前半「一人で困ったらアドバイスを貰うこと」です。

今回は、定義の後半「自分一人ではなく二人以上で仕事についてより良い問題解決を図ること」についての理解を深め、その職場での実践を考えていきます。

『相談の本質はシナジー』これも「真・報連相」の考え方からですが、この言葉が意味しているのが「二人以上でお互いの知恵や強みを出し合ってより良い問題解決を図ること」です。

※「真・報連相」については以下のサイトをご覧ください。
 『日本報連相センター』(←こちらをクリック) 


本題から少し話は変わりますが、私の最初の会社にいた9年間で、直属上司は15名に登りました(いかに異動の激しい会社だったかが分かりますね)。

その中で2回上司(その内2回目は、直属上司のさらに上の部長でしたが)になったMさんは、最初の事業部のトップ営業マンで、課長、部長になってもその担当する課や部はほとんど目標を達成していました。

そのM部長が口ぐせのように良く言っていた言葉は「できないことはない!」でした。
これだけ見ると根性論のようですが、その後には以下の言葉が続きました。

「実は、できない理由は3つある。1つ目は、今までのやり方ではできない、2つ目は、今すぐにはできない、3つ目は、自分一人ではできない、だ」。

「この3つに対して、1つ目に対しては、やり方を変えてできる方法を見つけること、2つ目に対しては、時間をかける又はタイミングを探して手を打つこと、3つ目に対しては、できる人から協力を得ればよい」。

「だから、できないことはない!」と言う論法です。

私はその言葉を聞いて、なるほど、と思いました。
が、その会社にいた時は、すべてを実践して「できないことはない」と言い切れるところまでには至りませんでした。

それにしても、物事を成し遂げるために非常に役立つ学んだ言葉です。


すでに、読者の皆さまはお気づきの様に、この3つ目の「できる人からの協力」、この具体的手段が「相談」なのです。

さて、「相談」と「報告」の違いは何でしょうか。

もうご存知の通り「相談」は、自分が困ったことや意見を訊きたいことを伝える、「報告」は自分の仕事の結果を相手(多くは上司)に伝えることです。

「報告」は、まったくしないとどうなりますか?ふつうは、叱られます。
あるいは、困ったやつだと思われます。

既述したように、「報告」「義務」(すべきこと)と言えるからです。
それに対して、「相談」は、全くしないからといって怒られることはあまりありません。

いちいち相談せずに仕事が進んでいれば、何も文句を言われることはありません。
つまり「相談」は自らが、するかしないか決めることなので、自発的コミュニケーションと言えます。


仕事について困った時、あるいは新しい状況や取り組みでどうしたらいいか分からない時、自分のアイデアや意見、提案したいことがあるがこれでうまくいくだろうかと思う時に「二人以上でお互いの知恵や強みを出し合ってより良い問題解決を図ること」、が「相談」の本質です。

相談する人が、相談に乗ってもらいメリットを得ることを「相談活用力」とします。

是非、今まで以上に積極的に相談して、「相談活用力」を高めていきましょう。

次回は、相談活用力の基本スキルを考えます。


それでは、次回またお会いいたしましょう。


ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、一昨年4月に発売され、お陰様で昨年1月末に増刷、今年1月10日に第三刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村