2021年03月22日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No190:『5つの学び方〜5.人から学ぶ』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『5つの学び方〜5.人から学ぶ』
____________________________

おはようございます。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。

今日は、『私が実践してきた5つの学び方』の5番目「人から学ぶ」

No182(2月1日)で記したように「人から学ぶ」とは、
リアル(現実今生きている人との)交流からの学び、そして過去・歴史の人からも学ぶ、その人の生き様や考え方をモデル(反面教師的な意味も含めて)として学ぶということです。
もちろんその人の全てからではなく、部分的な事からも学べます。

それでは「人から学ぶ」は誰から、何から、どのように学ぶか。
「人から学ぶ」ことの具体的な方法を私の体験や思い浮かんだことからいくつか挙げていきます。

1)自分の人生の中でリアルに接してきた人、今、そしてこれから出会う人から学ぶ
@自分の両親や兄弟姉妹などの家族や親族、近所の人など幼少期から成長過程で親密だった人。
A働いている同じ会社の人、仕事の関係の中で出会った人。
B社外セミナーや研修会、勉強会等で積極的に話しかけ、名刺交換し出会った人。

2)同時代、歴史上問わず、人についての情報から学ぶ
@本・雑誌やネット、テレビや新聞等でこの人は、と興味関心を持った人から学ぶ。
A本やネット等情報源の人から学ぶ(本の著者、ブログ、YouTubeの発信者)
B様々な業界や分野、ジャンルの有名人、トップクラス、一芸に秀でた人から学ぶ

3)多様な手段・方法を活して人から学ぶ
@リアルで接してきた人や接することが出来る人とは、会いに行って、対話して学ぶ(教えを乞う、相談する)
A関心をもったけれど直接接していない(できない)人については、その人について様々な手段(本、ネット・サイト検索、SNS、等)で情報収集する
B社外セミナー、研修会、異業種交流・勉強会に参加し、その講師や主宰者、会のリーダー、から学ぶ
Cメール、SNS、その他ネットでの情報交換ツールを活用する

特別なことを書いてはいませんので、どれも全て、その気になればできることばかりです。

最後に、「人から学ぶ」について私の経験のなかから、3つお話しします。

1つ目は最初の会社(リクルート)で出会った刺激的で、多様な人たちとの密度の濃いコミュニケーションの場での学び。
やはり一番は、在籍9年間で延べ15名の直属上司(その中で、私の著書にも登場するMさんは2回も)。数限りないことを教わり、学び、支援されました。

2つ目は、本からその著者との出会い。
営業の外回りで当時、東京日本橋にあった丸善本店で手に取った1冊の本。
その著者に電話して訪問(八重洲の小さなビルの3階)。

その著者大西啓義氏(2つ目の会社の社長)の師であった城野宏氏とその教え『脳力開発』との出会によって、1年後最初の会社を辞め、さらに5年後北海道に戻って、3つ目の会社を経て独立して、現在の会社(仕事)を始めるに至った。

3つ目は、人がご馳走というキャッフレーズの『知恵の輪』(代表:下村澄氏)に参加したこと。
同時期に2つ目の会社で自らも異業種交流会を主宰、MR(元リクルート)会の発起人等、東京から全国各地の交流会、地域おこしの会と交流を広げました。


このメルマガNO182(2月1日号)から『私が実践してきた5つの学び方』を9回に渡って
発信してきました。

振り返ると、大学までは「インプット学習」(今も継続しています)中心。
最初の会社に入ってからはひたすら「アウトプット学習」「体験学習」の毎日。

今の会社を始めて「コーチング」と「アクションラーニング」に出会い、「質問学習」を学び、そして活用して研修トレーナー、人事コンサルタントとして仕事をしてきました。

そして、一番実践してきた学び方は今回のテーマ「人から学ぶ」でした。
これまでも、今も、そしてこれからも「人から学び」続ける私です。

次回からは新しいテーマ、昨年もこの時期にお送りした『新人への指導支援』(令和3年版)をお送りします。


それでは、また次号で。

ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で一昨年1月末に増刷、昨年1月10日に第三刷、そして今年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村