2021年04月08日

【いい仕事をするために〜学びを活かす、分かち合う】No195:『「コミュニケーション」で大切なことは何ですか?』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

『「コミュニケーション」で大切なことは何ですか?』
____________________________

おはようございます。
インタフェース五十嵐仁です。
いつもこのブログ(メルマガ)をお読みいただき、ありがとうございます。

今日のテーマは、『「コミュニケーション」で大切なことは何ですか?』
ワンポイントは『意図・目的のないコミュニケーションは意味なし!』です。  

新人研修で「コミュニケーション」は重要なテーマです。

研修では、最初に「コミュニケーション」って何ですか?と質問します。

「話すこと、聞くこと」、「意思疎通」、「伝達すること」、「分かり合うこと」等の回答が返ってきます。

どれも間違ってはいません。
コミュニケーションは大変幅広い意味を持っています。

私は、「職場でのコミュニケーション」とは、『相互理解』『情報の共有化』『共感』の3つをキーワードとして挙げて説明します。

1つ目の『相互理解』とは、「話すことや聞くことをする中で、お互いがどんな人(行動特徴、考え方、持っている経験・能力、等々)かを分かり合うこと」

2つ目の『情報の共有化』は、「仕事で必要な事を指示したり、その指示を理解・確認したり、その指示を実施した結果を伝える等、仕事の上の情報のやりとりで共有すること」

3つ目の『共感』は、「相手の思い・気持ちや考え方を、相手がそう思うことを理解し、相手の立場にたつとそう感じとれると受け止めること」(同感、全てに意見が一致することとは違う)

この『相互理解』と『情報の共有化』、『共感』の3つは、実際の仕事では報連相を通じて成し遂げられます。
そして、相互理解が深まることで、情報の共有化も深まり、共感もできるようになります。

さて、この3つをキーワードとする職場のコミュニケーションで、仕事を的確に進めるために一番重要なことは、「お互いが仕事の上での意図・目的を明確に持ち、その意図・目的を理解し合う(共有化する)こと」です。

職場でのコミュニケーションは「意図的である」ことが必須なのです。
前号No194(4月6日)で述べた3つの視点の「目的」を明確にし、その目的のためのコミュニケーション(ここでは手段)を取ることです。

コミュニケーションでは、(1)相手の話を聴く、(2)相手の立場に立って考える、(3)感謝の気持ちを伝える、等が大事だと私の研修でお伝えしています。

そして、この3つは大事なことではありますが、その一番の土台になるのは、自分が「何のために、話を聴くのか」です。
そして同時に「相手が何のために話をしているのか」の意図・目的を理解することです。

そのためにこそ、「相手の立場に立って考えること」、(3つの視点の「相手」)、そして相互理解と共感のためには、感謝の気持ちを伝えることが大事になるのです。

最後に、「意図・目的を明確にしたうえで」職場のコミュニケーション『相互理解』『情報の共有化』『共感』を深めるために意識し、行動する実践ポイントは以下の5つです。

(1)コミュニケーションは「相手中心」が基本〜「他人(ひと)は自分じゃない」
(2)「何のために」がないと通じない〜意味・意図があって、分かったとなる
(3)「通じ合う(共有化)」ためには〜双方向のやり取りが必要、一方通行は×
(4)最初は、「質」より「量(回数)」が関係づくりの基本。こまめに挨拶、報告・相談等  
(5)対面(口頭)のコミュニケーションは「話す」「聞く」「質問」から成っている。質問を大いに活用しましよう

※「質問」については、別な号でお伝えします。

************************************************************************
〔上司・先輩の皆さまへ〕

「最近の若い人はよくわからん」とか「コミュニケーション」がとれない、なんて言っていませんよね。

「コミュニケーション」が『相互理解』し、『情報の共有化』と『共感』することであると理解したら、「よくわからん」「とれない」ではなく「コミュニケーションをとり」、『相互理解』し、『情報の共有化』を深め『共感』することが上司・先輩がまず、するべきことです。

最初のセリフを言い続けている人は、自ら「コミュニケーション能力がない」と言っていることになります。

初めてのお客様がいらしたら、何を望んでいるのかそのニーズを把握すると同じように、これから職場で一緒にいい仕事をする「大事なお客様」が新入社員だと思って理解してみてはいかがでしょうか。
(※いわゆる「お客様扱いをする」という意味では全くないので、お間違えなく。打つ手は、相手に応じて様々あります。)

その相手が、自分と違う若い人(世代が違う、当然育ち方や経験も違う)だからこそコミュニケーションをとって相互理解を深めるのです。

以上のように「意図」をもって新人とコミュニケーションを図りましょう。

それでは、また次号で。

ご質問、ご意見、ご感想はいつでもどうぞ!

送信先はこちらです:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい 






【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で一昨年1月末に増刷、昨年1月10日に第三刷、そして今年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村