2022年06月09日

【いい仕事をするために】No257:「場面や状況によって対応の仕方を適切に切り替える方法」

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

「場面や状況によって対応の仕方を適切に切り替える方法」
____________________________

今日のテーマは「場面や状況によって対応の仕方を適切に切り替える方法」

もう少し、具体的に言うと、次のような質問(管理者からの相談)への回答でもあります。

【質問(相談)】:管理者(リーダー)として、部下からのちょっとした疑問や質問に対して、すぐ答えた方がいい場合もあるでしょうし、相手の話をよく聴いて、質問しながら気づかせ、考えさせることが必要な場合もあるでしょう。
自分の性格上、話しをよく聞かず結論を急ぐことが多いのです。また、相手の性格もそれぞれ違います、どうしたら一番いいのでしょうか?」

《回答》:少し前段が長くなります。

どのような課題に対しても、マネジメントの視点から取り組むためには、次の3点がキーポイントになります。

@ 全体を把握し・中心点(目的・目標)を明確にすること
A 多様な視点で具体策を考え・実行すること
B 実行した結果と経過を振り返り、さらに次の手を考えること


さらに、突っ込んだ言い方をするとこの3つの各キーポイントを意識し
「自分の経験や知識・スキルへ頼りすぎることなく、他人の持つ情報・経験を集めて、多様な視点で問題を眺め、本質を掴み、判断し、行動する。しかもその過程を職場メンバーや関係者と共有化する」こと、です。

この3つのキーポイントは、よく考えるとマネジメントの基本である「目標から計画を作り、実施して常に見直し、修正・改善する(PDCAサイクル)」を極めて短期間で行うことにも有効なのです。

さらに目標達成のためにあらゆるリソース(資源)を活用すること、そのリソースの中でも一番大きな資源〜人材、部下の可能性を開発し、発揮させること、にもなるわけなのです。

別な言い方をすると、組織・職場で仕事をしているのですから、管理者といえども自分一人の力(認識・判断・行動)では、いかんともしがたい訳です。
ところがそれを全然自覚していない人が多いのです。

以上のマネジメントの意味「目標達成のためにあらゆるリソースを最大限に活用すること」を十分に理解し、踏まえた上で本題の質問(相談)の回答に入ります。


「自分の性格上相手の話をよく聞かず結論を急ぐことや・・・」とありましたが、性格と言うよりは、その話の案件内容や重要性、緊急度によってこちらから意見を優先することが必要な時もあります。

話をよく聴いて、質問するのか、それともこちらから意見を先に言うのか、どちらにするかは、マネジメント上の必要性、つまり、リーダーとしての自分自身の意図、相手やその場の状況などを考えておこなうことが大切です。

また、「相手の性格もそれぞれ違うので、…」とありますが、自分の意図や相手の状況を踏まえて行っているのか、それとも無意識的に行っているのかの違いが大事です。

無意識にやっているとこれまでの自分自身の習慣や性格が出てきます。
意図や相手を明確に意識していると、マネジメントとしてより適切な行動になってくると思います。


これまで部下とのやりとりで、95%以上意見を言っているばかりだった上司が、意見50%、質問(傾聴)50%に変わると部下との関係で何らかの変化が生じてきます。

さらに意見より、質問の割合が多くなると、さらに劇的な変化が見られます。
もちろん最終的には上司(管理者)が判断し責任を取ると言うことは変わりません。


上記のマネジメント3つのポイントで述べた、全体を把握するために、かつ多様な視点で考えるためには、上司の頭(情報と認識・判断)だけではなく、複数の部下の頭を使う、考えさせる「質問」を活用することが効果的なのです。

そして、実行した結果も「やってみて何が良かったのか?」「今回の取り組みで学んだことは?気づいたことは?」と振り返る質問をすることです。

「性格」という前に、そもそも自分が「マネジメント」(意図が明確か、多様な視点で具体的に考えているか、振り返って次の手を考えているか)を意識して、実践しているかという見直しをしてみてはいかがでしょうか。

それでは、また次回。


感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿




【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、一昨年1月10日に第三刷、そして昨年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。



読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村