2022年09月05日

【いい仕事をするために】No269:研修の学びを思い出に終わらせず、職場・仕事で活かすためにはそのA 『学んだことを職場に伝える(報告する、語る、教える)』

⇓読まれたらクリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

こちらもクリックお願いします。⇒PVアクセスランキング にほんブログ村

========================================================================

研修の学びを思い出に終わらせず、職場・仕事で活かすためにはそのA
『学んだことを職場に伝える(報告する、語る、教える)』

___________________________

先週からのテーマは、『研修の学びを思い出に終わらせず、職場。仕事で活かすためには』で、今日はその2。 

前回お伝えしたように「管理者研修」の振り返りで印象に残った「研修で多くの気づき、学びはあったけれど、これを職場で忘れずに活かしていくことが一番大変だと思う・・・」という趣旨の発表でした。

今回は、私の頭に浮かんできた「研修での学びを職場、仕事に活かす3つのヒント」

1) 作成した「目標・計画シート」を活かす。
2) 学んだことを職場に伝える(報告する、語る、教える)。
3) 毎日の職場を研修同様に学びの場とする。


の中の二つ目、2)学んだことを職場に伝える(報告する、語る、教える)。

そのための3つの行動は、
@研修で学んだこと、「目標・計画シート」を職場で報告する。
A研修で学んだことの中で職場メンバーと共有したいことを個別でも語る。
B研修で学んだことの中で、必要な事項を必要なメンバー育成に活用する。


@研修で学んだこと、「目標・計画シート」を職場で報告する。
研修も仕事(業務時間で行ったこと)ですから、報告するのは当然です。

・基本的には「目標・行動計画シート」を上司に報告し、アドバイスをもらう。
・形式的に報告するだけではなく、意図的に場を作り、相手を選び報告する。
・報告の内容や仕方は相手によって変える。

A研修で学んだことの中で職場メンバーと共有したいことを個別でも語る。

私のマネジメント研修では「真・報連相(職場の報連相)」や「業務改善」等は職場のメンバーといい仕事するための情報を共有化して、仕組化やルール化したりすることが必要です。

B研修で学んだことの中で、大切だと思ったな事柄を必要なメンバー育成に活用する。

自分自身でも納得した事柄で、メンバーのお役立つと思う事をおしつけがましくなく、ヒントや質問形・提案形で伝えるのがコツです。

「○○○というのを研修で学んだ(知った)のだけれど、あなたの□□の仕事で役立たないかをと思ったのですが、どうだろうか?」


さて、今回のヒントであなたが研修後に使えそうなことどれですか?

それでは、また次回。



今回のヒントについてのご感想やコメントもお寄せください。
お待ちしております。




今回の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿



【最後にお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、一昨年1月10日に第三刷、そして昨年2月1日で第四刷となりました。全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【楽天ブックス】

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/4141/9784863674141.jpg?fitin=560:400&composite-to=*,*|560:400

読まれたら、こちらも是非クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
読まれたらクリックお願いします。⇒にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村